2024.06.03

子どもへの肯定的な声掛けの重要性と具体例

子どもたちが健全に成長し、自己肯定感を持って前向きな姿勢を維持するためには、肯定的なフィードバックが非常に重要です。

肯定的なフィードバックは、子どもたちが新しいスキルを学び、挑戦を続けるモチベーションを高めます。

一方で子どもにどう声を掛けたらよいかわからないといった声もたくさん聴きます。今回は子どもへの肯定的なフィードバックを効果的に行うポイントと具体例を共有できればと思います。

【肯定的なフィードバックのポイント】

①具体性
「よくできたね!」と言うのもいいですが、「字がとてもきれいに書けているね!」のように具体的に褒めることで、子どもは自分が何を正しく行ったのかを理解しやすくなります。

②即時性
子どもが良い行動をした直後にフィードバックを行うことで、その行動を強化しやすくなります。行動と褒められることの間に時間が空きすぎると、効果が薄れてしまいます。

③正直さ
子どもたちは不誠実な褒め言葉を見抜くことができます。達成や努力に対して誠実に褒めることが、信頼関係を築く上で重要です。

④努力の認識
結果だけでなく、努力そのものを褒めることで、子どもは努力する価値を学びます。「一生懸命練習したね、素晴らしい!」のように努力を評価しましょう。

⑤個性の尊重
子ども一人ひとりの個性や興味を尊重し、それを褒めることで、自己肯定感を高めます。「君はとても創造的だね!」のように、その子ならではの特性を褒めましょう。

【肯定的なフィードバックの具体例】

・学習に対して
「この問題、自分で解けたんだね!どうやって解いたのか教えてくれる?」

・スポーツや活動に対して
「今日の練習、本当に頑張ってたね。チームメイトを助ける姿勢も素晴らしかったよ。」

・社会性の発達に対して
「友達を思いやる気持ちがとても強いね。みんなが楽しく遊べるように気を配っているのを見て、嬉しくなったよ。」

・創造性や芸術活動に対して
「この絵、色使いがとてもユニークだね。どんな風に思いついたの?」

・日常の小さな成果に対して
「自分のお部屋をきれいに片付けることができて、すごいね!自分のことは自分でできるようになってきたね。」

肯定的なフィードバックは、子どもたちの自尊心を育み、学びや成長への意欲を高めるために不可欠です。

子どもたちが日々の生活の中で直面する様々な挑戦に対して、親や教育者が適切なサポートと肯定的なフィードバックを提供することで、子どもたちは自己肯定感を持って成長していくことができます。

子ども一人ひとりの努力と成果を認識し、個性を尊重することを忘れずに、子どもたちの可能性を最大限に引き出しましょう。

記事一覧へ戻る