2023.10.13

講師紹介(濱田勝彌)

はじめまして!

サムライスーパーキッズスクールの講師をしています濱田勝彌(はまだかつや)です。
今回は普段のレッスンでは話しきれない部分を皆様にお伝えできればと思います!

私は福岡出身で、3人兄弟の長男です!水泳は2歳から始めたみたいですが、きっかけは母親が私をプールに投げ入れた時に泣かずに笑っていたからだそうです(笑)

小学2年生までは水泳よりもポケモンが見たくて、いつ辞めれるかをよく母親に聞いていました。でも、小学3年生の時に選手コースに上がり、初めて大会に出て、自分よりも泳ぐのが速い人がたくさんいることに衝撃を受けてから、もっと速くなりたいと思い、自然と水泳にのめり込んでいきました。そして4年生になる直前の3月末に、初めての全国大会(ジュニアオリンピックカップ)に出場し、自分より速い人たちや今オリンピックで活躍している瀬戸大也選手などを目の当たりにして、全国の決勝の舞台で泳ぐという目標ができ、さらに水泳の楽しさに浸かっていきました(笑)

余談ですが、僕は2歳から水泳しかしてこなかったため、球技がとても苦手です(笑)
そのため、今指導をさせていただいている子どもたちには1つのスポーツに拘らず、様々なスポーツにチャレンジしてほしいなと思いますし、そういった機会を作っていきたいと思っています。

話を戻して、中学校時代はバタフライで全国大会の決勝に残ることを目指して日々練習を頑張り、中学2年生の時に全国大会の決勝に残ることができ、5位に入賞しました。しかし、中学3年生の時の合宿中に腰を痛めてしまい、バタフライが泳げない状況になり、中学生活最後の全国大会は不甲斐ない結果で幕を閉じました。そしてコーチからは今後バタフライをやめて、クロールを専門種目にするように言われました。正直クロールで全国上位に入るイメージが全くできず、高校時代はスランプにも苦しみましたが、高校3年生の時に国体に出場することができました。

ただ、辛かった高校時代を乗り越えることができたことをはじめ、大学生・社会人と水泳を続けてこれているのは、水泳を始めたきっかけが「楽しい!」と思わせてくれる環境があったからだと思います!ちなみに現在は、来年の日本選手権に出場するために現役に戻り、練習を再開しています!!

私に水泳の楽しさや厳しさを教えてくれたコーチの方々をはじめ、いつも一緒に頑張ってきた仲間がいたからこそ今の自分がいます。今サムライスーパーキッズスクールに通っている子どもたちにも得意不得意関係なく、「スポーツって楽しい!」「一緒にスポーツができる仲間がいるって素晴らしい!」ということをたくさん感じてほしいと思いながら指導にあたっています。

と、すみません。だんだんと熱くなってしまい長くなりました、、、今回はこのあたりにしておきます! 今後ともコーチたちの日常や体験談、レッスンに関することなどをブログにて発信していこうと思いますので、ぜひご愛読のほどよろしくお願いいたします!

濱田勝彌

記事一覧へ戻る