2023.10.18

カラダの使い方教室で非認知能力と運動能力を養おう!

こんにちは!
濱田です。

今日は非認知能力についてお伝えしようと思います。

みなさんは「非認知能力」って耳にしたことはありましか?

人間の能力は、「認知能力」と「非認知能力」の大きく2種類に分けられます。

「認知能力」とは、IQ(知能指数)など数値化できる知的能力のことです。IQという言葉は一般的にもよく知られており、人の能力を把握する上で参考にしやすい指標のひとつかと思います。

一方「非認知能力」とは、認知能力以外の能力を広く示す言葉です。
例えば、自己肯定感など数値化することが難しい内面的なスキルを指します。具体的には「目標を決めて取り組む」「打たれ強さ」「リーダーシップ」「コミュニケーション能力」「想像力」といった力のことで、子どもが人生を豊かにする上でとても大切な能力であると言えます。

非認知能力は生涯にわたって役立つ能力ですので、幼児期から学童期にかけて伸ばす取り組みを行うことが重要です。

なぜなら、幼児期から学童期にかけて、子どもが非認知能力を伸ばせるようなアクティビティを取り入れやすく、日々の生活や遊びの中で楽しみながら伸ばすのが最適だと言われています。
幼稚園や小学校などの活動の中、家庭での家族の関わり合いの中、習い事など、さまざまな活動を取り入れると良いとされています。

さらに、幼児期から学童期にかけての子どもは、新しいことに挑戦する力や、そこから多くのことを吸収する力が特に高く、さまざまな非認知能力を育みながら、さらなる学びにもつなげやすく、総合的に伸ばしていくことができます。 

サムライスーパーキッズスクールでは、運動能力×非認知能力を養う独自のマインド運動プログラムで総合的に能力を伸ばしていきます。

興味のある方は、ぜひ一度無料体験にお越しください!

記事一覧へ戻る